井上寛基「誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方!」

誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方☆

井上寛基(Hiroki Inoue) 28歳(2018年現在)【㈱Minimalism 代表取締役/(社)日本デジタル出版協会 代表理事/㈱UMW 取締役】全国へ展開している撮影サービス「KIREIPHOTO」創設・代表責任者/2014年事業に失敗・ホームレスを経験/市場や仕組み等を研究し、 「ゼロからイチを創る」アイディアをカタチにする仕事をしています。 . 通称「ゼロイチ」と呼ばれる仕事です。

第二稿「質問上手は成功の近道」

こんにちは。
本日は「質問上手は成功の近道」について。

この場合の質問上手とは“相手が応えやすいような”質問が出来ることを指すものとする。

f:id:hiroki816:20160918022652j:plain


以下2つの質問は結果的に同内容を聞いている。
しかし、自分なら間違いなく②に対して親身になって応えるだろう。

①現在、独立を考えていますが、何かアドバイス貰えませんか?
②現在、○○(業種)として、独立を考えていますが、何から始め、何に注意をしたら良いのでしょうか?


また、スキルを教えて欲しい場合も同様です。
間違いなく②に対して親身になって応えるだろう。

①△△を作成出来るようになりたいので、教えて頂けませんか?
②△△について色々勉強してみました。しかし、××の部分で躓き、困ってます。××の部分から教えて頂けませんか?


こうやって見比べると違いは歴然だが、なかなか気付かない盲点である。


人から教わるというのは、その人から“スキルを盗む”ということでもある。



f:id:hiroki816:20160918022458j:plain



容易に教えてくれるはずがない。


こう考えたら分かりやすい。


へらへらしながら教えて下さい、というのと、真面目な顔をして教えて下さい、と土下座をして頼み込まれたら、その差は歴然。



f:id:hiroki816:20160918022520j:plain



要するに“必死さ”や“本気度”で判断されているのだろう。

実際のところ、どちらの方が本当に必死かや本気なのか等というのは、本人にしか分からない。


しかし、「そう魅せる“質問能力”が大切」ということである。


質問を、より具体化させたり、自分で調べてみてから質問をしたり、つまりはその“ひと工夫”が独立する為に一番最初に問われる能力なのだ。


成功している人が皆がこの能力があるかは定かではないが、

少なからずこの能力が長けている人の方が、成功がスムーズであることは言わずとも分かる。



従って「質問上手は成功の近道」ということになる。


今仕事で躓いている人は、是非一度自分の質問の内容を見直して貰いたい。


また、周囲で教わり上手な人が居たら、是非その質問内容を聞いてみて貰いたい。


この能力を高めてたくさんの

“スキルを盗むこと”

をオススメしたい!


f:id:hiroki816:20160918023734j:plain


※このブログは社会において、自分のような“弱者”がいかに賢く仕事をしていくかを綴ったブログである。
あなたが社会において、“強者”であるならば参考にはならない。