誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方☆

井上寛基(Hiroki Inoue) 職業:会社経営(会社代表1社・会社役員1社) 業種:撮影サービス・出版・広告 年齢:28歳 経歴:美容師挫折後、22歳の時に独立。制作業やファッションショー運営で成功と失敗。2014年に大借金と約半年間のホームレスを経て、現在に至ります。現在は撮影サービスを全国で年間1200名のお客様を相手に展開。師はおらず基本的には独学。

第十稿「経営的、普遍的な見方」

こんにちは。
※このブログは社会において、自分のような“弱者”がいかに賢く仕事をしていくかを綴ったブログである。
あなたが社会において、“強者”であるならば参考にはならない。


さて、本日は「経営的、普遍的な見方」について。


第九稿で記載した“マーケット”を創ることに対しての“ポイント”なのだが、

「逆転の発想をし“錯覚”を創る」
ということが非常に大切になる。


消費者を、社員を、良い意味で“騙す”のだ。

そういうマーケットを創ることが成功の鍵となる。



f:id:hiroki816:20161114020148j:plain



どういうことかと言うと、
よく街中にある“カフェ”は、消費者、社員目線であれば“飲食業”である。

しかし、経営的、普遍的な見方をした場合、“カフェ”は“レンタル業”や“不動産業”と見ることが出来る。


何故ならば、一部のお客様を覗き、大半は、どうしてもそのお店のコーヒーを飲みたいから来店をしている訳ではなく、

・空き時間を潰しに
・打合せをするために
・仕事をするために
・休憩場所として
etc

などの理由がメインで、結果としてドリンクを注文しているだけであるからである。

つまり、「スペースを利用したい」ために、ドリンクを買うのだ。


つまり経営者は、全体のスペースを椅子やテーブルを配置することによりいくつかに区切り、“1区画毎スペース”を売っているのだ。



f:id:hiroki816:20161114020216j:plain



1人の平均利用時間が1hだとし、コーヒーが1杯500円、1杯の原価が20円だとした場合、

カウンター席であれば、
“80cm×80cmのスペースを、1h480円でレンタルしている”という考えになる。


また、同じような発想で、
フランチャイズ展開をしていく店舗であれば、その“知名度”と“ノウハウ”をセットに販売している“不動産業”と言える。


実際にマクドナルドの創設者が、そのように語っている事実がある。

~実例~
マクドナルドの創業者、レイ・クロックが
スタッフにこう聞いた。

レイ・クロック「わたしたちの仕事はなんだ?」
スタッフ「ハンバーガーを売ることです!」
レイ・クロック「違うよ。わたしたちの本当のビジネスはハンバーガーを売ることじゃない。不動産業だよ。」
~実例~



このように、何事にも“戦略”がある。

100%勝てる方法というのは、まず不正などを行わない限り存在しないが、


勝ちの確率を限りなく100%に近付くように引き上げることは、
戦略次第、考え方次第で、可能なのである。



f:id:hiroki816:20161114020251j:plain




このような考え方は、一見「理屈的」「偏見」だと思われるのだが、当然である。

何故ならば、99.9%の人は成功出来ず、0.1%の人が成功する訳なのだから、0.1%の考え方を持たなければ、いつまで経っても上手くいくはずがない。



寧ろ、大半がそのような戦略など考えずに経営をするので、5年以内で潰れる会社が多いのではないかと、推測している。


◎会社生存率(中小企業対象)
国税庁調べ

~100社が生き残る確率~

5年後⇒約14/100社(14.8%)
10年後⇒約 6/100社(6.3%)
20年後⇒約 0/100社(0.4%)


勝ちたいのなら戦略を練ろう!


◎無料相談受付中(ずっと無料です)

ご相談は
こちら(LINE@)から


f:id:hiroki816:20161114020313j:plain






〈終〉
※次回は第十一稿「嫌な仕事の減らし方」です。11/26(土)記事追加更新予定☆