井上寛基「誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方!」

誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方☆

井上寛基(Hiroki Inoue) 28歳(2018年現在)【㈱Minimalism 代表取締役/(社)日本デジタル出版協会 代表理事/㈱UMW 取締役】全国へ展開している撮影サービス「KIREIPHOTO」創設・代表責任者/2014年事業に失敗・ホームレスを経験/市場や仕組み等を研究し、 「ゼロからイチを創る」アイディアをカタチにする仕事をしています。 . 通称「ゼロイチ」と呼ばれる仕事です。

第十五稿「上下関係の在り方と回避法」

こんにちは。
本日は「上下関係の在り方と回避法」について。

仕事をし始めの頃や独立したての頃など、人との付き合いに非常に手こずる。

f:id:hiroki816:20161222012453j:plain

初めて会う方と名刺交換をして、付き合いを重ねていくと、どうしても上下関係が出来てしまう。


これは仕方のないことではある。


・キャリアの長い側
・資金力の強い側


いずれかを兼ね備えていると、仕事を優位に進めていくことが出来る可能性が高い。


これにより見えない“上下関係”が生まれてしまう。


勿論、キャリアを積めば、資金力があれば、自分が優位に進めて行きやすくなる。


しかし、仕事をし始めた頃や、独立したての頃ではどちらも厳しく、対等に仕事を進めていくことは困難な場合が多い。



f:id:hiroki816:20161222012518j:plain



(※ここから先はあくまでも個人の見解です。)


その場合、どのように上下関係を保てば良いのか。


キャリアもない、資金もなければ、“情報量”で勝てば良い。


仕事・プライベート関係なく、雑多な情報を抱えている人というのは、重宝されやすく、優位に立ちやすくなる。


だから、独立してまずやるべきことは“情報収集”であるとも言える。



f:id:hiroki816:20161222012603j:plain



社会常識は勿論、仕事、流行り、娯楽、恋愛など幅広い情報収集をしておくと非常に役に立つ。


“この人は何でも知っている”ということがキャリアや資金に対抗する“鎧と武器”の役目を果たしてくれる。


従って、理不尽な上下関係を回避していくためには幅広い“情報量”を集めることをオススメしたい!

f:id:hiroki816:20161222012637j:plain

※このブログは社会において、自分のような“弱者”がいかに賢く仕事をしていくかを綴ったブログである。
あなたが社会において、“強者”であるならば参考にはならない。