読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方☆

井上寛基(Hiroki Inoue) 職業:会社経営(会社代表1社・会社役員1社) 業種:撮影サービス・出版・広告 年齢:27歳 経歴:美容師挫折後、制作業やファッションショー運営で成功と失敗。2014年に大借金と約半年間のホームレスを経て、現在に至ります。現在は撮影サービスを全国で年間1200名のお客様の対応をしながら、新会社の設立と店舗出店の準備を進めています。 スキル:WEB制作、映像編集、イラストレーター、フォトショップ、美容師免許、着付師、ネイル

第二十六稿「出来る人と出来ない人の違い(2)」

こんにちは。
※このブログは社会において、自分のような“弱者”がいかに賢く仕事をしていくかを綴ったブログである。
あなたが社会において、“強者”であるならば参考にはならない。


さて、本日は「出来る人と出来ない人の違い(2)」について。

※ここでの出来る人とは、仕事で成果を残せる人のことを表すものとする。


出来る人と出来ない人の違いは簡単なことである。


やるか、やらないかの差である。



f:id:hiroki816:20170415192524j:plain



悩むことは大事だが「机上の空論」という言葉の通り、考えるだけでは何も分からない。


やってみないと分からないこと、
やってみないと知れなかったこと、
やってみないと気付かなかったこと、

等様々ある。


むしろその割合の方が大きい。

そこで得ることを“経験値”と呼び、経験値は知識になり“ノウハウ”へと形を変える。


新しいことを始めるには“勇気”が要る、“労力”が掛かる。


失敗も付き物である。


しかし、そうやって新たなことへの挑戦を重ねることにより、正確な判断が出来るようになる。


そして、そういう人は土壇場な場面に非常に強く力を発揮する。


出来る人というのはそうした多数の経験値から未来を予測する。


経験値が多いほど、その予測の精度は上がる。


正確な判断が出来ている人は、そう成るべくして成っている。


出来る人はやる。
出来ない人はやらない。


それだけの差で人生は180度変わる。



f:id:hiroki816:20170415192557j:plain



そんな当たり前なことに

・気付かない人
・気付いているけど踏み出せない人

そんな人で溢れかえっている。


当たり前のことを積み重ね、
当たり前のように行動していれば、
当たり前のように上手くいく。



だからまずは踏み出してみることが大事である。


大それたことから始めるのではなく、

「“何故?”を直ぐ調べること」

を習慣づけることから始めることをオススメしたい。

f:id:hiroki816:20170415192434j:plain