井上寛基「誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方!」

誰でも解る!易しい経営戦略の身に付け方☆

井上寛基(Hiroki Inoue) 28歳(2018年現在)【㈱Minimalism 代表取締役/(社)日本デジタル出版協会 代表理事/㈱UMW 取締役】全国へ展開している撮影サービス「KIREIPHOTO」創設・代表責任者/2014年事業に失敗・ホームレスを経験/市場や仕組み等を研究し、 「ゼロからイチを創る」アイディアをカタチにする仕事をしています。 . 通称「ゼロイチ」と呼ばれる仕事です。

第十九稿「コスト削減」

こんにちは。
本日は「コスト削減」について。

利益の増やし方は二つある。

・単に売上を上げて利益を増やす
・売上を維持したまま経費を削減する




f:id:hiroki816:20170121165803j:plain



異なる二社、A社B社が同じ年間売上5000万円であったとしても

A社が経費や人件費など1500万円
B社が経費人件費など3500万円

だった場合では利益は全く異なる。

法人でも個人でも
売上(経費や人件費など+利益)は高額だが、蓋を開けてみれば“赤字”なんてことは良くある。



f:id:hiroki816:20170121165825j:plain



同じようにかけるコストでも、かけ方によっては後々多大な影響が現れる。

どれが正しい、ということはない。

ただ、かけなくても良いコストや、
減らせるものは減らし、コスト削減した方が良い。


そのためには、自社で出来ることは自社でしていった方が良い。

それはコスト削減にもなるが、他社へ発注する際もスムーズになる。

結果、トラブルの防止にも繋がり、仕事の効率も上がる。


f:id:hiroki816:20170121165854j:plain



例えば、Web制作をする場合、自社で出来れば一番のコスト削減になる。

大変だが、自分か若しくは社員に習得させた方が良い。

自社では出来ない部分のみを他社へ発注をすれば良い。


その際に、何も知識がない人が発注するよりも、知識がある人が発注をした方が、要望も簡潔に伝えられ、お互いに理解も早く、スムーズになる。


また、社員が学んだことは全てマニュアルとして資料に残しておくと良い。


それがまた新たな社員のための役に立つ。


そうやって新たな事や知識を取り入れていき、自社で出来ることは自社で行っていくことが“一番のコスト削減”に繋がる。


売上を上げることも大切だが、
コスト削減をすれば“利益”を上げていけることも忘れずに実践することをオススメしたい!


f:id:hiroki816:20170121165734j:plain

※このブログは社会において、自分のような“弱者”がいかに賢く仕事をしていくかを綴ったブログである。
あなたが社会において、“強者”であるならば参考にはならない。